仮想通貨ならビットコインで決まり

投資対象として注目を集めている仮想通貨

新しい決済手段として注目されている仮想通貨ですが、最近は投資の対象として人気を博しています。その理由として挙げられるのは、なんといっても値上がり率の高さでしょう。たとえば、株や外国為替はよほどのことがない限り、買ったときから価値が1000倍になるということはありません。一株10円の銘柄が一株一万円になったら、それは奇跡といっていいことでしょう。
しかし、仮想通貨の場合、そういったことが奇跡とはいえない頻度で起きています。たとえば、仮想通貨の中でもっとも知名度が高いといえるビットコインですが、初めて値がついたとき、1ビットコインあたり日本円で0.1円ほどでした。ところが2017年には1ビットコインが200万円を突破しました。1000倍どころか2000万倍まで価値が上昇したのです。

知名度が高く取引する人間がもっとも多いビットコイン

仮想通貨はビットコイン以外にもいろいろあり、中には日本で開発されたものもありますが、知名度が高いものは軒並み価値が上昇しています。上昇する理由はいくつか考えられますが、その一つとして、ビットコインと同じことが起きるのではという期待によって投資されているからということが挙げられるでしょう。
では、今後、どの仮想通貨を買えばいいのかというと、現段階でやはりビットコインということになります。理由は、もっとも取引する人間が多く、また取引できる場所も多いからです。ビットコインの場合、価値の上昇が見込めるだけではなく、決済手段としても今後利用できるところが増えてくるという期待も持てます。つまり、利用価値の高さからいってもビットコインは優れているのです。